不動産の任意売却応援情報in宮城県

宮城県やその中心地である仙台市でも、住宅ローンや事業の行き詰まりから任意売却が増加しています。事がこじれないうちに早めに法律事務所を訪ね手を打ちましょう。

実家を失わないための早めの決断。

不動産売買にもいろいろな形式があります。

私が体験してしまったのは、競売手前の「任意売却」ではありましたが、通常のようにリフォームやリノベーションを行なって、仲介会社を通して売りに出す方法ではなく、仲介会社に直接売却してしまうものです。

自己破産絡みで、所有する不動産物件の売却を急いでいる場合には、そのような手法が取られるようです。

私も自分が自己破産して任意売却に踏み切った段階で、初めてそのようなシステムがあるのを知りました。

任意売却というのは、住宅ローンの返済が遅延したり、遅延が重なって滞納し返済不能に陥ったとき、競売という最悪の事態に陥る前に行なう合法的な売却手段です。

いわゆる債務整理の一環ではありますが、競売になってしまうと売却する住宅の価格や時期なども債務者の自由にはならず、担保権者の銀行など金融機関がほぼ強制的に決定していきます。

そうなると不動産査定などの入念な調査などはほとんどなく、所有者とは関係のないところで法的手続きが取られ、ある日突然、明け渡し命令のような文書が届きます。

任意売却は売却価格や時期・明け渡し日時などいろいろと交渉の余地がありますが、競売にはありません。

私は宮城県の出身で、宮城県にいまも住んでいる母親が今回の任意売却物件の連帯保証人になっていましたので、母親の住む実家が巻き込まれないようにと手を打ちました。

法律事務所の弁護士のもとを訪問して相談した際、「宮城県にそのような担保物件があるなら、早く任意売却したほうがお母様も安心される」という結論をいただいて踏み切りました。

当時は苦渋の決断でしたが、いま思えばそれで良かったと振り返れます。


Categorised as: 任意売却の事例

Comments are disabled on this post


Comments are closed.